Home 東博百選 ガラス碗 奈良県橿原市川西町 新沢千塚127号墳出土
古墳時代 5世紀 東京国立博物館蔵

ガラス碗 奈良県橿原市川西町 新沢千塚127号墳出土
古墳時代 5世紀 東京国立博物館蔵

iconjalgotokyo_online

金属のパイプにとけたガラスを巻き付け、片方から息で膨らませる技法で作られた。口縁は切り離したままの状態で未整。器壁は1-2mm程度と非常に薄く軽い。 底に2段、胴には5段に丸いカットグラス(切子)の装飾が施され、底と胴に6段の切子は磨きの途中で不透明になっている。 そして紺色のガラス皿とセットで出土する。

菩薩半跏像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です