Home イベント情報 沖縄美ら島財団企画展『首里城美術工芸品の現状とこれから』(2/11〜3/13)

沖縄美ら島財団企画展『首里城美術工芸品の現状とこれから』(2/11〜3/13)

1992年の首里城公園開園後も調査研究事業を推進し、国内外に散逸した首里城関連の文化財収集・保存・復元事業など、沖縄美ら島財団がこれまで行ってきた首里城美術工芸品に関する取り組みとともに、得られた知見や資料の持つ重要性を紹介。また、2019年10月に発生した首里城火災における被害状況や、復興に向けた修復事業や今後の取り組みについても紹介。

Tabizuru

関連施設

沖縄県立博物館・美術館

iconjalgotokyo_online

沖縄県立博物館・美術館

県立博物館とともに、2007年に新しく開館した県立美術館。当館のコレクションは、沖縄に住むまたは沖縄に関連する芸術家の作品を中心とし、沖縄周辺のアジア諸国の現代美術をカバーする。世界的なユニークさに出会える。第二次世界大戦直後の沖縄で有名な画家であった画家の作品。1938年にこの地を訪れた藤田嗣治(1886-1968)による沖縄を描いた作品。琉球王府の絵師が、琉球処分で野に下って以来の沖縄美術の復活、発展と発信の取り組みなど。

オキナワの美

〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち3-1-1

TEL:098-941-8200

Tags : 首里城

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です