Home 文化施設 現代の美 山梨 関東 山中湖文学の森 三島由紀夫文学館

山中湖文学の森 三島由紀夫文学館

iconjalgotokyo_online

山中湖文学の森 三島由紀夫文学館

当館は平成11(1999)年自然豊かな山中湖畔にオープン。直筆原稿、創作・取材ノート、書簡、絵画、写真資料、著書、研究、翻訳書、雑誌、映画、演劇資料等を所蔵。それらの所蔵品から、三島が十代での執筆作品が多いことが発見された。当館で、三島の劇的な生涯や、三島文学のすばらしさの源泉を知ることができる。

十代の著作

〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野506-296

TEL:0555-20-2655

東博百選

東京国立博物館 本館(正面階段)
GO TOKYO ONLINE ロケ地

iconjalgotokyo_online

山野行楽図屏風 与謝蕪村筆

大正12(1923)年に関東大震災。明治政府のお雇い外国人、ジョサイア・コンドル(1852-1920)が設計の赤レンガ造の旧本館は被災。 旧本館にかわり、現在の本館が、渡辺仁(1887-1973)と内司寮(宮内省)設計、大林組の施工で、昭和12(1937)年竣工し、翌年開館する。 正面玄関は大階段。現代、銀行本店、裁判所他の設定で、テレビドラマやミュージックビデオでも登場する。 吹き抜けの格天井、一部は採光する屋根。大理石の手すりに、アール・デコ・スタイルの照明。大震災で被災した来館者への想いも重なる。

山野行楽図屏風 与謝蕪村筆

畿内七道

山梨県立博物館

iconjalgotokyo_online

山梨県立博物館

「島は沈没し浮上した」—700万年前、この地域は砂岩の塊の化石が示すように古代の富士川の水路を介して太平洋に接続していた。土器の文様がしますように近くの縄文集落は、5,000〜4,000年前に、現在の富士川を介して海とつながっていた。当館のメインゲート脇に展示の砂岩の塊の化石は、約700万年前の富士川沿い「古富士川海峡」は出土したもの。海峡にクジラやサメ、イワシ、海岸に貝やウニの生物が住んでいたことを示す。

ふたつの海峡

〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1

TEL:055-261-2631

千夜千冊

維新への胎動

維新への胎動維新以前は尊王攘夷、維新以後は自由民権、やがてアジアに向う国民的膨張の蘇峰。幕末熊本・肥後の横井小楠門下の家に生まれ、明治に、京都の同志社でキリスト教の洗礼を受け、国民新聞を発行。本書は蘇峰の晩年、35年書き続けた織豊期から明治初期の「近世日本国史」全100巻の孝明天皇期。第二維新を求めた蘇峰の起点!

文責:旅鶴編集室千夜千冊

徳富蘇峰
講談社学術文庫

amazonで買う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です