Home 文化施設 古代の美 関西 京都 まいづる赤れんがパーク

まいづる赤れんがパーク

iconjalgotokyo_online

まいづる赤れんがパーク 智恵蔵

舞鶴の近代化は赤煉瓦倉庫と鉄道建設。軍港地区に明治33(1900)年から建設された倉庫は、戦後は民間の食糧倉庫、現在は市民の文化交流施設。赤煉瓦倉庫街「舞鶴市政記念館」には、約5300年前縄文時代の丸木舟が展示される。1万年前に氷河期が終わり、中国・揚子江以南の文化は黒潮にのって次第に北へ移動。舞鶴は、近代へも古代へも時空の旅ができる。

丸木舟

〒625-0080 京都府舞鶴市北吸1039-12(舞鶴市政記念館西隣)

TEL:0773-66-1035

東博百選

蓬莱山蒔絵袈裟箱(ケサバコ)法隆寺献納宝物(ケンノウホウモツ)
平安時代 12世紀 東京国立博物館蔵

iconjalgotokyo_online

袈裟などの衣類を運ぶ箱。仙人が金・銀の宮殿に住むと、古代中国で言われた東の海に現れる島、蓬莱山を長寿の亀や鶴と描く。 蓋(フタ)のような形のため、別の箱の身と組み合わされた。 しかし側面の松喰鶴(マツクイヅル)の向きから、もともとは単独で、衣服を入れる広蓋(ヒロブタ)や髪道具など一時入れる乱箱(ミダレバコ)のように衣類等を整理・運ぶためのものと推定される。 金粉を蒔いた後に、絵を研ぎ出す技法、研出蒔絵を、疎と密に使い分け、表現する幻想性。平安時代後期の蒔絵の名品。

菩薩半跏像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です