箸蔵寺

iconjalgotokyo_online

箸蔵寺

当寺は、香川県琴平町の金比羅宮奥の院で神仏習合の歴史を伝える。本堂、護摩堂が壮厳な佇まいで、境内一帯は、県立箸蔵自然公園である。標高600mの箸蔵山の頂上にある箸蔵寺への参拝は、山麓からロープウェイで約4分で着ける。眼下に四国三郎・ 吉野川、眼前に四国山地とともに神々しい剣山を望む。8月には箸供養。

四国山地眺望

〒778-0020 徳島県三好市池田町州津蔵谷1006

TEL:0883-72-0812

東博百選

木造毘沙門天立像(ビシャモンテンリュウゾウ)
平安時代 12世紀 東京国立博物館蔵 川端龍子氏寄贈

iconjalgotokyo_online

木造毘沙門天立像

表面は彩色の上に金箔を細く切って文様を表す截金技法(きりかねぎほう)で、平安時代後期の特徴を示し、目に水晶を嵌(は)める玉眼(ぎょくがん)技法は同時期には新しい。像内に110枚に及ぶ紙に押した毘沙門天の印仏と彩色の画像。印仏裏面に応保2(1163)年と記すものがあり、作像と同時期作と思われ、ところは奈良の廃寺中川寺。

木造毘沙門天立像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です