Home 文化施設 現代の美 中国・四国 香川 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

iconjalgotokyo_onlinegotokyo_online

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

画家、猪熊弦一郎は、1902年香川に生まれ、東京で藤島武二に学び、パリでアンリ・マティスに師事した。戦後はニューヨークやハワイを活動の拠点とし、ニューヨークでジャスパー・ジョーンズやイサム・ノグチと交流。当館は、全国でも類を見ない“駅前美術館”として、猪熊の約2万点の作品を所蔵し常設展示で紹介する他、現代美術の企画展やワークショップを開催。

駅前美術館

〒763-0022 香川県丸亀市浜町80-1

TEL:0877-24-7755

東博百選

見返り美人図 菱川師宣(ヒシカワモロノブ)筆
江戸時代 17世紀 東京国立博物館蔵

iconjalgotokyo_online

「浮世絵の祖」菱川師宣(1618?-1694)、版画ではなく、筆で描く浮世絵。 「菱川様(ヒシカワヨウ)の吾妻俤(アズマオモカゲ)」(『虚栗』)と讃えられた、江戸オリジナルの様式美、美人の立ち姿、その一人立ち。モロノブの名作。 歩みの途中でふと振り返る、その一瞬を描く。その先には?

菩薩半跏像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です