白山洞門

iconjalgotokyo_online

高知県の天然記念物

足摺岬灯台が照らす海岸線には、高さ16m幅17mの海蝕による白山洞門がある。花崗岩による海蝕洞では、日本一の規模を誇る天然記念物。今も波に洗われる基底まで降りられるが、古くから洞門は御神体とされて修行の象徴であった。中世期、この岬は観音菩薩が住む南海の補陀洛山に通じる東門の地と信仰されていたのだ。

高知県の天然記念物

〒787-0315 高知県土佐清水市足摺岬

TEL:0880-82-3155 (土佐清水市観光協会)

東博百選

藤原道長金銅経筒 金峯(キンプ)神社蔵
平安時代 寛弘4(1007)年 京都国立博物館寄託

iconjalgotokyo_online

京都国立博物館

寛弘4(1007)年、藤原道長が奈良の金峯山に参詣し、山頂に埋納の法華経を入れた、埋経の経筒としては最古の遺品で、銅製で高さ36.4cmの経筒。

蓋(フタ)はちょうどお茶筒のようにすっぽりとかぶり、金があつく塗られた表面には、タガネで線刻された、縦書きの文字・銘文。

納めた経典の趣意が、503字にわたって記される。

—寛弘5(1008)年、娘彰子(ショウシ)、待望の皇子出産!

国宝 藤原道長金銅経筒 金峯神社蔵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です