天皇誕生

天皇誕生本章は「日本書紀」の編集方針が神武から応神までの王朝と、仁徳から武烈までの王朝とが大きく二つの流れとして認識されていて、それが中国的な交替史観によって記述されていることを指摘し、その実像が極めて鮮明な雄略紀に「随書」の濃厚な影響を観察する。

文責:旅鶴編集室

千夜千冊

遠山 美都男
中公新書

amazonで買う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です