Home 東博百選 埴輪 腰かける巫女 群馬県大泉町古海出土
古墳時代 6世紀 東京国立博物館蔵

埴輪 腰かける巫女 群馬県大泉町古海出土
古墳時代 6世紀 東京国立博物館蔵

iconjalgotokyo_online

埴輪 腰かける巫女 群馬県大泉町古海出土

やや高い椅子に座り、女子像を表す袈裟衣(ケサコロモ)を着て、タスキをかけ、組み合わせた三角の文様、三角文の帯をつけ、左腰には五つの鈴付きの鏡と、三角文のデザインのポーチを下げている。 巫女のようで、対の男子像もあったと思われる。

埴輪 腰かける巫女 群馬県大泉町古海出土

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です