光明禅寺

jalgotokyo_online

鹿児島市立美術館

京都・東福寺派の当寺は、鎌倉時代、道真の他文書博士を輩出した菅家出身の鉄牛円心が創建した天満宮の結縁寺。前庭は、白砂で大海を現し、石を配し光の字を書き、心で感じ取る枯山水庭園の仏光石庭。裏庭は苔で陸を、白砂で大海を表現した 一滴海之庭。そしてともに植えるのは、冬には全ての葉が落ちる紅葉のみ。

光明禅寺

〒818-0117 福岡県太宰府市宰府2丁目16−1

TEL:092-922-4053

東博百選

観音菩薩立像 法隆寺献納宝物
飛鳥時代 7世紀 東京国立博物館蔵

iconjalgotokyo_online

フタエにあどけない童子の姿。唇はごくわずかに朱色。右手で胸に垂らす飾を押え、左手で天衣をとり、端正に直立する。
装身具や衣、台座の縁を特殊な彫刻刀(タガネ)で、丁寧に、丁寧に2個1組の小さな点が並ぶ複連点(フクレンテン)の文様を打ち出す。
そうして気品が、醸し出された。
—台座の枠、かまちに線刻した各狭間の内部には、墨を塗った痕跡もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です