Home 文化施設 現代の美 関東 群馬 ハラミュージアムアーク

ハラミュージアムアーク

iconjalgotokyo_online

原美術館

当館は、渋川市街地から伊香保温泉へと続く「アルテナード(芸術の散歩道)」沿い、伊香保グリーン牧場に隣接。そのコレクションは、抽象表現主義やポップアートをはじめ20世紀後半の美術史を彩った巨匠から、21世紀のアートシーンで活躍している作家の作品で、絵画、彫刻、写真、映像、インスタレーションなど約1,000点にのぼる。そして本当の価値を知る東洋古美術の原六郎コレクションを所蔵。19世紀産業化の中で、芸術の使命は感動を惹き起こす無垢なるモノを保全することだった。

原美術館

〒377-0027 群馬県渋川市金井2855−1

TEL:0279-24-6585

東博百選

聖護院の庭 浅井忠
明治37(1904)年 東京国立博物館蔵 高野時次氏寄贈

iconjalgotokyo_online

聖護院の庭 浅井忠

佐倉藩藩士の子供で花鳥画を学んだ浅井。文明開化で、パリ万博の監査官として留学したフランスから帰国後、京都に移住。明治36(1903)年、京都の自宅に聖護院洋画研究所を開き指導に当たる。 その自宅近くの聖護院から描いた水彩画の日本の風景の作品。 パリの南63km、水辺のグレー村を訪ね光の描写を研究した浅井は、留学前の作品に比べ、光の整え方は格段に丁寧になる。

聖護院の庭 浅井忠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です