二本松市智恵子記念館

iconjalgotokyo_online

二本松市智恵子記念館

高村光太郎「智恵子抄」で智恵子の本当の空とは、智恵子の杜公園から望む安達太良山(あだたらやま)の景色を表す。智恵子は二本松の造り酒屋で生まれ東京で洋画を学ぶ。晩年入院中に光太郎が持ってきた千代紙で、千数百枚に及ぶ見事な紙絵作品を生む。千代紙は空と同じく十二単衣のように、調和や対照に妙味尽きない色を襲ねるカンバスだった。

紙絵

〒969-1404 福島県二本松市油井漆原町36

TEL:0243-22-6151

東博百選

歌川広重「名所江戸百景 上野山した」
江戸時代 安政4(1857)年 東京国立博物館蔵

iconjalgotokyo_online

名所江戸百景 上野山した 歌川広重筆

1853年、ペリーの黒船来航。

広重が死の直前まで制作した代表作。近景、遠景の何気ない江戸の風景を、

フカン、チョウカンの視点を駆使して斬新な構図。多版刷りの技術も工夫を重ねて風景浮世絵としての完成度は随一。

広重は来たる時代を感じ、日本の情愛ある美しさを保全した。

名所江戸百景 上野山した 歌川広重筆

畿内七道

大山忠作記念館

iconjalgotokyo_online

大山忠作記念館

二本松市出身で現代日本画壇の重鎮大山忠作は、松岡映丘に師事した山口 蓬春に師事。花鳥、風景など広範に対象を題材とするが、65年の画業を通じ幽玄・華麗なる世界を描き続ける。当作品は、晩夏から初秋の早朝の赤富士山とつがいのタンチョウ鶴という伝統的な日本の美をかさね、24世紀最初の日展に出展された作品。

黎明飛翔 大山忠作

〒964-0915 福島県二本松市金色403-1

TEL:0243-55-5154

千夜千冊

北原白秋集

北原白秋集「この道はいつか来た道、ああそうだよ、あかしやの花が咲いている」三好達治だったか、白秋の作品では童謡が最もすぐれていると言ったのは。白秋は昭和の戦争の渦中、ひたすら日本回帰の人となり、日本語だけがもつ風来ばかりに耳を澄ませていたように思える。

文責:旅鶴編集室

千夜千冊

北原白秋
角川書店

amazonで買う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です