波立寺

iconjalgotokyo_online

波立寺

久之浜町波立海岸弁天島に近い当寺は、梅雨の時期に紫陽花が咲き誇る紫陽花寺といわれる。大同元(806)年、仏都会津を開いた徳一が、海上鎮護を念じ、インド渡来と伝わる阿弥陀如来を安置し創建、弁天島に薬師像を祀る。徳一は南都奈良で、玄奘がインドの世界最古の大学ナーランダから持ち帰った法相宗を学んだ僧である。

波立薬師

〒979-0335 福島県いわき市久之浜町田之網字横内89

TEL:0246-82-2820

東博百選

鼉龍(ダリュウ)鏡 団伊能氏寄贈
古墳時代 4世紀 東京国立博物館蔵

iconjalgotokyo_online

乳(ニュウ)は鏡の裏面(背面)のトッキ。トッキをに尾があるものは、獣の形が変形したもの。ニュウをめぐりトグロを巻く龍の長くのびた胴の上に、神像と口に棒状のものをくわえた小獣の形をレイアウト。内円に神像と神獣、外円に飛び回る鳥、走り回る獣が、デザインされる中国の神獣鏡。 その中国の鏡を模倣して作られた鏡(倣製鏡、ホウセイキョウ)。ダリュウは、ワニをモチーフにする。内円は、神像ととぐろを巻く龍が頭を共有し、外円は、僧侶の使うホッス(払子)のように変形する。 ホウセイキョウとして、デザインは精密、鋳上(イアガ)りは上々。 —2世紀末頃北部九州の銅矛(ホコ)、畿内・東海地方の銅鐸が姿を消し、群像を描いた画文帯をめぐらせ、 図像を浮彫し、細い線を使い細密な表現が特徴の画文帯神獣鏡が現れた。

菩薩半跏像

畿内七道

法相宗大本山薬師寺

viewImage-20iconjalgotokyo_online

法相宗大本山薬師寺

天武天皇が創建を発願、持統天皇がその意思を継ぎ建立、文武天皇の御代に完成した。当寺は、玄奘三蔵(600又は602~664)を始祖、その弟子慈恩大師を宗祖とする法相宗の大本山。玄奘三蔵院伽藍内の玄奘塔には玄奘の頂骨が、壁画殿には平山郁夫画伯が約30年かけて制作した、高さ2.2m、長さ49mの『大唐西域壁画』が祀られている。七場面十三壁面に描かれた玄奘三蔵求法の旅の壁画は圧巻。 ※国宝東塔は現在解体修理中(完成は平成30年度予定)

玄奘三蔵院伽藍 大唐西域壁画殿

〒630-8563 奈良市西ノ京町457

TEL:0742-33-6001

千夜千冊

神仏たちの秘密

神仏たちの秘密“日本では神があらわれることを、来臨とかおとづれと言います。いい言葉です。「おとづれ」はもともと「音連れ」と綴りますから、そこにさわさわっといった音だけがしたというようなニュアンスです。”日本の面影の源流を解く、松岡正剛の衝撃の日本論の第3弾。

文責:旅鶴編集室

千夜千冊

松岡正剛
春秋社

amazonで買う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です