Home 文化施設 いのりの美 九州 沖縄 浦添城跡(グスク)

浦添城跡(グスク)

iconjalgotokyo_online

浦添城跡(グスク)

浦添城は世界遺産の首里城の原型だった。13世紀末に建てられた城で、中山(沖縄本島中部)統治者、按司(あじ)の拠点だったとされる。城は第二次世界大戦で前田高地の防衛線が張られて激戦となり、壊滅状態となる。今はわずかに城壁が残るだけ。浦添グスク・ようどれ館では浦添に残された王陵の西室が再現される。

浦添城跡(グスク)

〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶1-1-1

TEL:098-876-1234

東博百選

法隆寺 夢殿 奈良時代
GO TOKYO ONLINE ロケ地

iconjalgotokyo_online

山野行楽図屏風 与謝蕪村筆

世界遺産法隆寺は、大和平野を見渡す斑鳩の宮(イカルガノミヤ)に接して、聖徳太子によって607年頃に創建。その後火災にあい、復興されたのが世界最古の木造建築群として知られる現在の西院伽藍。また斑鳩宮跡に、奈良時代に聖徳太子の菩提を祀る夢殿が建立され、夢殿を中心とした建築群が現在の東院伽藍。 円に八角の軒を出す、東院の伽藍の本堂。奈良時代に、聖徳太子の供養として、朝廷が、斑鳩宮跡に建立。堂の名前は、勝鬘(ショウマン)経、維摩(ユイマ)経、法華経のような、難解な経典の注釈、『三経義疏(サンギョウギショ)』を作成中、聖徳太子が、夢で光り輝くキンジン(金人)、救世観音(クセカンノン)に出会ったことから。

山野行楽図屏風 与謝蕪村筆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です