Home 文化施設 古代の美 中部・北陸 長野 科野の里歴史公園 千曲市森将軍塚古墳館

科野の里歴史公園 千曲市森将軍塚古墳館

iconjalgotokyo_online

科野の里歴史公園 千曲市森将軍塚古墳館

善光寺平南部は古来より千曲川と犀川が合流する物資の一大集散地。古墳時代、科野の最初の王はクニを一望する千曲川沿い有明山麓を選び、石が積み埴輪を並べ全長約100mの前方後円墳、森将軍塚古墳を築造。当園は屋代清水遺跡の竪穴式住居や小屋、高床式倉庫を復元し、古墳館はムラがクニ・国の中心地になるまでを紹介する。

太陽運行線

〒387-0007 長野県千曲市屋代29-1

TEL:026-274-3400

東博百選

鉄製鋲留(ビョウドメ)短甲(タンコウ/ミジカヨロイ)と小札(コザネ)鋲留眉庇付冑(マビサシツキカブト)
古墳時代 5−6世紀 東京国立博物館蔵

iconjalgotokyo_online

ミジカヨロイは、古墳の副葬品で出土し、埴輪などにも見られるモノ。 四角や三角の鉄板や革などの素材を、人間のカラダに合うように加工するコザネは、連続させて頭や胴を守るように、板を合わせ鋲で留める。蝶番(チョウツガイ)で開閉式とする。腰の部分がくびれて現存するのは主に鉄製や金銅製。 同時期には、中国北方遊牧民の騎馬兵のヨロイとかさなる、肩から打ちかけて着用する、ウチカケヨロイ、挂甲(ケイコウけ)もある。 兜の上には、2つの半球形金具を筒状金具で接続。僧侶の使うホッス(払子)のような飾りがつけられた?

菩薩半跏像

畿内七道

千曲川

iconjalgotokyo_online

千曲川

信州長野の盆地には、気温に比べて水温が高いので川にそって霧が発生しやすい。また景観を神秘的にする。千曲川沿いの千曲市姨捨の棚田は月の名所。対岸の鏡台山からのぼる名月と月影を宿す棚田は、古来より田毎の月と呼ばれ人々の心を慰めた。その絶景は松尾芭蕉も句に詠み、星空の下川に沿う夜景が善光寺平まで広がる。

姨捨の月

長野県千曲市

TEL:026-261-0300(信州千曲観光局)

千夜千冊

稲と鳥と太陽の道

稲と鳥と太陽の道萩原さんは写真家である。すばらしい観察力と推理力と洞察力をもって、学者が気がつかなかった仮説を提出する。日本古代からの柱と鳥の関係を示す祭のルーツを中国に追いかけて、日本のコメは中国南部のミャオ族(苗族)によってもたらされたのではないかと。

文責:旅鶴編集室

千夜千冊

萩原秀三郎
大修館書店

amazonで買う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です