鷹見泉石記念館

iconjalgotokyo_online

鷹見泉石記念館

鷹見泉石記念館は、古河藩が藩士のために用意した武家屋敷の一つで、隠居後、もっぱら蘭学にいそしんだ鷹見泉石が最晩年を送った屋敷である。建物は寛永10年(1633)古河城主土井利勝が、古河城の三階櫓を造ったときの余材を使って建てたと伝えられる。隣接して、明治時代の南画家・奥原晴湖画室を公開。 ※平成24年12月~平成25年3月中旬まで、茅葺屋根の葺き替え工事のため、休館。(奥原晴湖画室は開館)

古河藩家老・鷹見泉石の屋敷

〒306-0033 茨城県古河市中央町3-11-2

TEL:0280-22-5211(古河歴史博物館)

東博百選

火焔土器
縄文時代(中期) 前3000—前2000年 東京国立博物館蔵

iconjalgotokyo_online

火焔土器

縄文人の宇宙観を表しているとも言われる不思議な世界を表現する。 眼が奪われる装飾の上部、口縁部分。その下部の渦巻き状で装飾、口縁に平行に線を引く隆起線紋(リュウキセンモン)と、道具で線を彫る沈線紋(チンセンモン)という胴部の縦線。頭でっかちで不安定に見えるが不思議なバランス、積み重ねる技がそれを生み出す。

畿内七道

仙巌園

iconjalgotokyo_online

仙巌園

当庭は島津家の19代当主・島津光久が建てた薩摩藩主島津家の別邸。島津家の28代当主、島津斉彬(1809-1858)が大いに愛した。第13代将軍徳川家定の御台所となった篤姫など多くの人を魅了した。伝統的な大名庭園で、錦江湾と活火山の桜島の絶景が一望できる。そして島津家の歴史を伝える。斉彬は西欧列強のアジア進出に危機感を抱き、別邸仙巌園の隣接地に、大砲を作る反射炉やガラス工場等、西洋式近代工場群を建設。鶴灯篭に日本初のガス灯も灯す。そして園内には、幕末に近代化に取り組んだ斉彬や幕府老中・阿部正弘が、改良や研究に熱心に取り組んだと園芸史に伝えられる変化朝顔が今も残る。

仙巌園

〒892-0871 鹿児島市吉野町9700-1

TEL:099-247-1551

千夜千冊

江戸の身体を開く

江戸の身体を開く近世桃山期に世界地図に出会う日本では、江戸期蘭学を通じ、1788年に司馬江漢が地球儀を自作し、1744年に杉田玄白らが「解体新書」を刊行。観念的にものごとを見る歴史的日本文化に、解剖学のような合理的に見る西洋文化が加わる。解剖に使う西洋ハサミやメスを通じて西洋を理解する江戸社会を、本書は紹介する。

文責:旅鶴編集室

千夜千冊

タイモン・スクリーチ
作品社

amazonで買う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です