Home 文化施設 いのりの美 関西 京都 京都府立丹後郷土資料館

京都府立丹後郷土資料館

iconjalgotokyo_online

京都府立丹後郷土資料館

当館は、京都府北部の歴史・美術・考古・民俗などの資料を収集し紹介する。国史跡の丹後国分寺跡を敷地内に含み、天橋立を一望できる風光明媚な場所に立地しており、本館と史跡と移築復元した大庄屋民家(旧永島家住宅)とが一体となって構成されている。館の前が丹後国分寺跡である。国分寺は、各国の清清しき地に建設するように命ぜられた。天の橋立を眺める地であることは、まさにその通りであるが、宮津の湊に建設されたということは、この地が渡来文明の重要な玄関口であったことも示唆する。

ふるさとミュージアム丹後 国分寺跡

〒629-2234 京都府宮津市字国分611-1

TEL:0772-27-0230

東博百選

竜首水瓶(リュウシュスイビョウ) 法隆寺献納宝物
飛鳥時代 7世紀 東京国立博物館蔵

iconjalgotokyo_online

山野行楽図屏風 与謝蕪村筆

ペルシャ瓶(胡瓶)とも言われる形。 龍頭が注口、細い龍身が把手(トッテ)、龍の上顎(アゴ)が蓋(フタ)で、龍の眼には薄緑色のガラスがはめられる。薄手に作られた胴部に、向かい合う2組のペガサス4頭を細く線刻し、金メッキで浮き立たす。東西の伝統的なモチーフを組み合わせ、器形も文様も力強い躍動感にあふれる。 法隆寺宝物館は、明治11年(1878)に奈良・法隆寺から皇室に献納された名品を常設展示する。正倉院宝物と双璧をなす古代美術のコレクション。 正倉院宝物が8世紀の作品が中心であるのに対し、一時代古い7世紀の宝物が数多く含まれている。

畿内七道

北野天神縁起絵巻

北野天満宮

iconjalgotokyo_online

当品は、現存する北野天神縁起絵巻の内最古で、写本の「根本縁起」。縦52cm、幅最短8m42cm、最長12m11cm、全9巻。描かれるのは、菅原道真その生涯と北野天満宮の創建、北野天神を信仰した人々の利生記。当宮は道真のご神託で天暦元(947)年に造営。「千年天神さま」と皇室から商人まで信仰された歴史は、国宝『北野天神縁起絵巻』他、宝物殿の宝物が伝える。

〒602-8386 京都市上京区御前今小路上る馬喰町

TEL:075-461-0005

千夜千冊

浦島太郎の文学史

浦島太郎の文学史浦島太郎が助けた亀は実は乙姫であり、亀姫だった。玉手箱には姫の嫉妬や復讐が込められていた。また玉手箱を開け太郎は鶴になって明神になるなど、中国の神仙物語をベースに、日本で古代から現代に至るまでさまざまに物語が編集・加工された歴史を本書はつづる。また丹後国風土記にはその物語が引用されたと歴史を読み解く。

文責:旅鶴編集室

千夜千冊

三浦佑之
五柳書院

amazonで買う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です