古町町並保存地区

iconjalgotokyo_online

古町町並保存地区

古町地区は、戦国時代の頃から吉井川を往来する高瀬舟による物資の輸送が活発になる。そして幕府の直轄地になってから物資の集散地として繁栄し、船着場周辺には商人の蔵が立ち並ぶ。姫路、美作、鳥取を結ぶ因幡街道は、参勤交代の大名行列も通る。大原宿は作州唯一の宿場町。剣豪宮本武蔵の故郷、作州宮本村もまた近い。

旧因幡街道大原宿

〒707-0492 岡山県美作市古町

TEL:0868-78-3111(美作市大原総合支所)

東博百選

土偶(左前) 山梨県御坂町上黒駒(ミサカチョウカミクロコマ)出土 宮本直吉氏寄贈
縄文時代(中期) 前3000—前2000年 東京国立博物館蔵

iconjalgotokyo_online

土偶(左前)山梨県御坂町上黒駒出土

春の桃の花まつりで有名な山梨県の笛吹市で出土。奇怪な顔と形の上半身。 目尻が鋭く吊り上がり、人の顔というより獣の顔。この顔の表現は中部の高地や関東地方西部で、縄文中期土器の人面がつく取っ手、人面把手(ハシュ)に共通する。 また胸に当てられた左手の三本指のサイン。同様に、この時期の土器につけられる、人体や動物の装飾にみられる。

土偶(左前)山梨県御坂町上黒駒出土

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です