萩・堀内

iconjalgotokyo_online

萩・堀内

萩焼は、藩の御用窯。高麗の国より李敬・李勺光兄弟を陶工師として招いて始まった。一楽二萩三唐津と呼ばれ、400年以上の伝統を誇り、現在もたくさんの窯元がある。堀内は旧萩城三の丸にあたり、萩藩祖 毛利輝元(もうりてるもと)が慶長9年(1604)に指月山の麓に4年がかりで萩城を築城し、町割をおこなったことに始まる。堀内には、藩の諸役所と、毛利一門をはじめとする大身の武家屋敷が建ち並んでいた。近世城下町の武家屋敷としての地割が今も残り、石垣や土塀越しに見える夏みかんとともに歴史的風致を形成している。

重要伝統的建造物群保存地区(堀内)

〒758-0057 山口県萩市大字堀内

TEL:0838-25-1750 (萩市観光協会)

東博百選

群鳥文(グンチョウモン)兵庫鎖太刀(ヒョウゴクサリノタチ) 号 上杉太刀 太刀 銘 一
鎌倉時代 13世紀 東京国立博物館蔵

iconjalgotokyo_online

上杉家から三島大社に奉納された太刀、刀を下げる帯、金属で編む兵庫鎖。 鞘(サヤ)には、漆の上に多くの金粉を蒔き研ぎ出し、デザインを統一の揃い金具に、 銀箔を押した金メッキのつがいの鳥文様を、少し浮かび上がらせ、鍔(ツバ)には、飛ぶ鳥を透し彫り。平安・鎌倉時代に実用の太刀で、のち奉納用として製作される。 古来珍重される太刀の福岡一文字派により、銘は一。

菩薩半跏像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です