棚下不動の滝

iconjalgotokyo_online

棚下不動の滝

渋川市は赤城・榛名の活火山や子持・小野子の休火山に囲まれる地。赤城山の溶岩が造った37mの断崖を下る勇壮な棚下不動の滝(雄滝)は、滝裏の崖の崩落で洞窟となり、そこに入って裏側からも観られる。そこでは日本列島の多層構造の山々から出る無垢な源泉の気を堪能でき、まさにプライスとは違う身体で知る価値に出会える。

寒霞渓ロープウェイ

〒379-1101 群馬県渋川市赤城町棚下902-2

TEL:0279-22-2873(渋川市観光課)

東博百選

火焔土器
縄文時代(中期) 前3000—前2000年 東京国立博物館蔵

iconjalgotokyo_online

火焔土器

縄文人の宇宙観を表しているとも言われる不思議な世界を表現する。 眼が奪われる装飾の上部、口縁部分。その下部の渦巻き状で装飾、口縁に平行に線を引く隆起線紋(リュウキセンモン)と、道具で線を彫る沈線紋(チンセンモン)という胴部の縦線。頭でっかちで不安定に見えるが不思議なバランス、積み重ねる技がそれを生み出す。

火焔土器

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です