三島神社

iconjalgotokyo_online

三島神社

当社は、宝亀5(774)年創建される。当時、宇和海は三島神社近くまで迫っていた。時代は光仁天皇の即位後も藤原家の専横(せんおう)と天変地異が続く頃。当社所蔵の鎌倉時代後期作の神像七体は、一木彫刻で豊かな表情をもち、同時代の一面の懸仏とともに、黒潮とつながる古代から続く宇和海の大らかさと本当の豊かさを伝える。

神像五体、懸仏一面

〒796-0202 愛媛県八幡浜市保内町宮内5-1

TEL:0894-36-1815 

東博百選

法華経方便品(ホウベンボン)竹生島経(チクブシマキョウ)
  平安時代 11世紀 東京国立博物館蔵

iconjalgotokyo_online

菩薩半跏像 法隆寺献納宝物

滋賀・琵琶湖に浮かぶ竹生島に伝わった装飾したお経の巻物、 装飾経(ソウショクキョウ)。 寿命が長い和紙・トリノコガミに、ニワカに溶かした金銀で、草や花、蝶や霊鳥、柔らい書体のお経。生きて極楽浄土を迎えたい平安貴族、願いの名品。 この方便品のほか、同じ巻第6から分断された竹生島の宝厳寺蔵の序品の存在が確認されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です